自動車での眠気を防ぐ

自動車運転中の眠気覚まし

自動車のドライブ中の眠気を防止

自動車でドライブをしていると、避けられない悩みが「眠気」です。特に、長距離の運転をしている場合や渋滞に巻き込まれてしまっている時ほど強く表れやすい減少で、その結果として「大事故」に繋がる可能性もあります。自動車を運転する上で、「適度な休息」は非常に重要なポイントになりますが、かと言って渋滞中などは思うように休息が出来ないことも少なくありません。そんな時、ガムを噛んだりという対策法もありますが、もっと簡単にできる対策法として「室温を下げる」というものがあります。夏場はクーラーで良いですが、冬場は「ヒーターを掛けながら窓を開ける」ことによって空間の上部と下部で寒暖差を作ることが出来るので、極端に寒くならずに済みます。

ナビがドライブを快適にする

自動車でドライブを快適に行うためには、ナビを活用することが良いでしょう。昔であれば、マップを片手に道を探しながら進みますが、わき見をする原因ともなり、危険が伴いました。現在のナビは、GPSを利用した地図画像を表示して目標まで誘導し、音声案内とともに進む道をドライバーに教えます。一定以上のクラスの自動車であれば、ナビ画面にタッチせずにフロアダイヤルやハンドルスイッチでの操作が可能で、中には音声認識にて操作が可能なナビシステムもあり、わき見をせずに操作が行え、安全性を保った快適なドライブが楽しめます。

↑PAGE TOP